緑内障と白内障

失明ランキング上位は

耳

日本人の失明の原因で、常に上位にい続けるのが緑内障、白内障です。これらは中途失明の主な原因となっています。 治療法は白内障は原因となる部分を手術で交換するしかありません。少し前では手術のために入院することも珍しくありませんでしたが、現在は日帰り手術を行っている病院もあります。 緑内障に関しては初期と中期ではほとんど症状がないことが特徴です。そのため知らず知らずのうちに症状が進行し、気づいた頃には視力がほとんどなくなっていたり、失明することもあります。治療には現在の緑内障の病気を進行させないようにする点眼薬による治療と、点眼薬でも効果が出にくい場合に手術を行うことがあります。こちらも現在は日帰り手術を行っている病院があります。

原因はなんなのか

ではなぜ白内障と緑内障になってしまうのでしょうか。これには加齢が関係しています。 白内障は目の中の水晶体と呼ばれるタンパク質が変性することで起こります。年を重ねるごとに、このタンパク質の変性が起こるため白内障を発症すると考えられています。 緑内障は実は原因ははっきりとわかっていない部分もあります。目の中の圧力が上がることで視神経に異常をきたすことが原因となっていますが、この圧力があがる理由がはっきりとわかっていないのです。そのため治療法は対症療法しかなく、根本的な治療法はわかっていません。 これらの理由で、日本人の失明原因1位に緑内障がずっとい続けるのでしょう。 はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレス、加齢、食生活の偏りなども起因していると考えられています。そのためバランスの良い食事、ストレスをあまりため過ぎないといった日ごろからの心がけが良い対策になると考えられています。

Copyright ©2015 耳鳴りや難聴は補聴器選びで改善!【更年期トラブル解決への道】 All Rights Reserved.

Design by Web Hub.